「第9回 全国中学校高等学校女子ラクロス選手権大会」開催のお知らせ

|

3/26(月)、3/27(火)、3/28(水)の3日間、富士通スタジアム川崎にて「第9 回全国中学校高等学校女子ラクロス選手権大会」が開催されますので、お知らせいたします。富士通スタジアム川崎では近年、ラクロスの学生・社会人共に、国内トップレベルの試合が開催され「新たなラクロスの聖地」と呼ばれています。そして、昨年、中学校、高等学校年代の女子ラクロス界の日本一を決定する「全国中学校高等学校女子ラクロス選手権大会」を初めて開催し、多くの観客が訪れ、連日、試合終盤まで1点を争う好ゲームが繰り広げられました。
まだラクロスの観戦経験の無い皆さまも、この機会にスピード感と激しさを体感しに富士通スタジアム川崎へお越しください!

■「第9回 全国中学校高等学校女子ラクロス選手権大会」概要

大会名 第9回 全国中学校高等学校女子ラクロス選手権大会
主催 全国中学校高等学校女子ラクロス連盟
日時 2018年3月26日(月)、3月27日(火)、3月28日(水)
会場 富士通スタジアム川崎
〒210-0011 川崎市川崎区富士見2-1-9(旧:川崎球場)
JR線「川崎駅」下車 徒歩15分 または川崎市バス「教育文化会館前」下車3分
※当日はたくさんのご来場者がおり、大変混雑いたします。公共交通機関のご利用にご協力をお願いいたします。
入場料 無料
出場チーム ◆東日本
「中高女子ラクロス秋季関東大会」においてベスト4以上の4チームと、東日本5位決定戦にて東日本5位に選出された1チームを加えた、計5チーム。
・東日本1位 東京成徳大学高等学校
・東日本2位 横浜市立東高校
・東日本3位 埼玉県立伊奈学園総合高等学校
・東日本4位 日本大学中学校高等学校
・東日本5位 ※3月24日に開催予定の「東日本5位決定戦」にて選出

◆西日本
「西日本で開催された大会」の結果により選出された3チーム。
・西日本1位 同志社高等学校
・西日本2位 立命館宇治高等学校
・西日本3位 関西大学中等部高等部

※川崎フロンターレと富士通スタジアム川崎の各広報媒体等にて、参加者や観戦者の写真や動画を掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ラクロスとは?
ラクロスとは北米先住民族を起源としたスポーツで、日本では1986年以降に急速に広がり、今では国内有数の競技人口を誇る団体球技です。
「クロス」と呼ばれる網のついたスティックを手にした選手たちがボールを獲り合い、ゴールを狙います。男子競技と女子競技は異なる発展を遂げた結果、それぞれの魅力を生み出しました。男子は選手間でのぶつかり合いが認められ、その迫力とシュートスピードが持ち味。女子は激しい接触が不可であるために、巧みなパスとフィールド全体を使った攻撃の展開が魅力と言えます。

※「第9回 全国中学校高等学校女子ラクロス選手権大会」について
本大会は全国中学校高等学校女子ラクロス連盟の発足を受け、東日本と西日本からの各代表2チームの対戦により全国1位を決定する大会としてスタートしました。2015年大会からはその形式が変更され、東日本・西日本から選出された計8チームが全国優勝を目指す大会となっています。本大会の存在は、全国の中高生ラクロス競技者の明確な目標となり、ラクロス界の底辺拡大、レベルアップに大きく寄与しています。また2016年度の第8回大会から、富士通スタジアム川崎をメイン会場となったことで、選手達にさらなる大きな目標となりました。

※「第9回 全国中学校高等学校女子ラクロス選手権大会」出場チームの構成
本大会は、東西それぞれの地域の大会結果から選出された8チームが出場します。出場8チームによるトーナメント戦により全国1位から4位までが決定されます。本大会に出場する8チームの構成は次の通りです。
◇東日本
・「中高女子ラクロス秋季関東大会」においてベスト4以上の4チームと、東日本5位決定戦にて東日本5位に選出された1チームを加えた、計5チーム。
◇西日本
・「西日本で開催された大会」の結果により選出された3チーム。

■問い合わせ

富士通スタジアム川崎
〒210-0011 川崎市川崎区富士見2-1-9(旧:川崎球場)
TEL:044-276-9133(受付10:00~20:00) FAX:044-276-9144
メールアドレス:fujimi-staff0219@nifty.com

※オフィシャルブログ「富士通スタジアム川崎ブログ」では、日々の雑感やイベント・キャンペーン情報をお伝えしています!